西荻窪囲碁サロン「周」


<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧



席主の独り言

 つくづく囲碁は「気」の充実が大事だと思う。向かっていく気持ちがなければ勝負の結果はみえている。体調が悪かったり、悩み事があったりすると集中力が欠けてくる。対局を通じてその日の自分の状態がよくわかる。
 武道もまた、気合が充実している者に勝利の女神が微笑むように感じる。息子の剣道の試合を見に行くと、激しいぶつかりあいや下がらない姿勢から息子やライバルたちの気合が伝わってきて元気付けられる。気合をもらって帰ってこれるので極力、見に行きたいのだが、私が仕事で行けない時に限り、結果が良いときている。来週も都大会の予選で大事な試合なので行かないことに決めた。
 私は、社会人1年目の時に奈良県の大会に父娘で参加したことがある。初戦で敗退した父が決勝戦に進んだ私の碁を近くで見ていて打ちにくかった。言い訳になるが、その碁は負けた。今となっては楽しい思い出だが、息子の邪魔はすまい。
 囲碁も剣道も日本文化は個と個の対峙から生まれ、団体戦であっても個人に責任がかかってくるので、子供たちにぜひ、引き継いでいって欲しいと思う。自分で考え、行動できる日本人になってほしいから。
[PR]
by igoshu | 2006-06-28 21:15 | 席主:東京女子大囲碁部OG


席主の独り言

 女性のお客様で囲碁を始められた方の中には、亡くなられたご主人様が囲碁がお好きだったという方が多くいらっしゃいます。立派な碁盤がお家に残され、生前のご主人様が夢中になっておられたことに目を向けられたというのが動機の一つとなるのでしょう。ご家族のどなたかがなさっていると関心を持たれる方が増え、囲碁人口が増えるので、一家に一人囲碁を普及させることが大事ですね。
 かくいう私も亡父が囲碁好きで大学の囲碁部に入部した頃、共に9級くらいだったのに亡くなる前には同じ五段免状をいただくまで抜きつ抜かれつの攻防戦がありました。大学のリーグ戦で負けてくると「弱いな。」という一言にムッとして打たなくなったり、時には私がハメ手にまんまとひっかかり大層、喜んでいた姿を思い出します。残された書籍の数々をめくって見るとラインマーカーが引いてあり、勤勉さに頭が下がります。亡くなった父の年を数えると、80歳になっているはず。当教室には米寿を迎えられた最年長の生徒さんがおられます。お元気で教室に通ってこられる向学心と意欲は見習う点が多く、蔭で支えておられるご家族の暖かさを感じます。
この囲碁サロンは父が亡くなってから始めましたので生きていたらどんな言葉をかけてくれたでしょう?おそらく、「まだまだの棋力で恐れ多いことを始めたね。でも、石の上にも三年、頑張ってみろよ。」かな???
[PR]
by igoshu | 2006-06-20 20:18 | 席主:東京女子大囲碁部OG


席主の独り言

 遅ればせながら、4・5月の級位者リーグの優勝者のご報告申し上げます。犬養 悦子1級が勝率1位、勝った人数の一番多かった方が福田 甲児1級ということでこのお二方が優勝ということになりました。昇級者はなしで優勝者には更なるステップアップを期して指導碁券を差し上げました。
 この6・7月から始まったリーグ戦では5級から初段の方々に集まっていただき、上位3名を昇級させていただきます。級位者が有段者に挑戦する良い機会となることを願っております。また、初段の方々には二段を目指す絶好の機会となりました。切磋琢磨で楽しく対局いたしましょう!
 最近、中級の女性のお客様が指導碁を受けに来てくださり、その後、対局していかれるので女性が増えて華やかになりました。皆様とても熱心で初段を目指して励んでおられます。皆さんも参加してみませんか?色々な教室の生徒さんたちがリーグ戦で腕を磨かれ、ご自分の教室でも活躍されると嬉しいですね。新しい仲間の輪が広がってゆきます。
[PR]
by igoshu | 2006-06-13 20:44 | 席主:東京女子大囲碁部OG


席主の独り言

 風邪をひいてしまいました。咳が取れず、集中力は落ちる一方。ブログの更新もできず、そうこうしているうちに布団から起き上がれなくなってしまいました。曜日ごとに来られる生徒さんやお客さんの準備も自分では出来ず、主人にメールで連絡して棋譜添削のファイルを探してもらったり、アルバイトの学生さんに早目にきてもらうなど、皆に助けてもらって何とか三日間休ませていただきました。しばらく打たないと感覚が鈍っていて形だけで打ってしまい、読めなくなっていることに気付かされました。反省することしきりです。
 さて、囲碁将棋チャンネルですが、5月21日(日)に無事、オンエアーされました。週刊囲碁パラダイスというコーナーで小さなテロップで『囲碁サロン周』と紹介されていましたが、気付いた方は少ないかも。女子大生の打っている場面に使われていました。このテレビを見て来ていただいた方は今のところなし。ちょっと残念ですが、お客様がテレビをデジカメで撮ってくださってファイルに入れてくださったので、良い記念になりました。このファイルを見た小学生の生徒がテレビに出た事実に驚いてくれました。「それで生徒は増えたの?」と痛いところを見事なツッコミ。そんなにうまくはいかないんだよな~!!!!
[PR]
by igoshu | 2006-06-09 19:20 | 席主:東京女子大囲碁部OG

    

公開対局スケジュール
by igoshu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30