西荻窪囲碁サロン「周」


<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧



席主の独り言

 「1級を目指す会」の日取りが決まりました。第1水曜日13時からと第3土曜14時からです。10/4(水)13時からと10/21(土)14時から始めます。途中参加また、両日共に参加もOKです。第1水曜日は東京女子大囲碁部の主将と二段の有志、五段の有志がお手伝いしてくださる予定ですから奮ってご参加下さい。毎月、この日程で続けていこうと思います。
 「5級を目指す会」は、第1回を9月25日(月)13時から開始しました。月曜の生徒さんが5名と金曜の生徒さんが4名、入門の生徒さんが1名、他の教室の生徒さんが2名と五段の有志1名、初段の有志1名、3級の有志1名がご参加いただき楽しく対局できました。その場で質問ができる点が好評でした。五段の方と初段の方、3級の方がお相手を代えて教えながら対局してくださり、有意義な会となりました。来月は、10/23(月)13時スタートです。
 さて、高橋先生の外来予選の結果ですが、グループ2位同志の決戦に破れ残念ながら、本戦には進めませんでした。上位8名には入られましたが、本戦に進めるのはグループ1位と2位4名のうち2名の合計6名。惜しい結果でした。今回がプロ試験初挑戦。先生、来年頑張ってくださいね。生徒皆でお祝い会を開く日を楽しみにしています。
[PR]
by igoshu | 2006-09-29 22:06 | 席主:東京女子大囲碁部OG


席主の独り言

 最近、若い世代の囲碁愛好者にお目にかかります。お一人は、社会人1年目。五段以上。
死活小事典を勉強済みでもっぱらネット対局。10/9(祝日の月曜日)の大会にお誘いしたので、皆さん楽しみにしていてください。強敵の出現です。
 あとお二人は入門の女性と初級の男性。仕事をされながらそれぞれのやり方で勉強をされています。本日、初級の男性に「置き去りのキズを探せ」(日本棋院刊)をお勧めしたところ、今日、日本棋院のイベントで買ってこられたとのこと。この前向きさは教える人を喜ばせてくれますね。イベントのあと、こちらに指導碁を受けに来てくださったその熱意も嬉しいです。
 我々中高年も囲碁人口としては少ない世代ですが、若い世代を育てていけば韓国のように囲碁が盛んになる日も来るはず。同じ趣味を通して年齢差の違う世代間が親しむことができるところが囲碁の良い点。高校生の三段は来たときは1級。1年で大きく成長しました。大人たちのアイドル?でもあります。お菓子を持ってきてくれたり、受験の情報を授けてくれる元教授の教え子(囲碁)ライバルで二人で楽しそうに打っています。置石が減ってくる度、教授は力強く若返ってこられるようにお見受けします。特に勝たれたときは上機嫌で「若者に勝っちゃったよ。」お帰りの時まで元気一杯です。勝負ですから老いも若きも盤を囲んで少年少女に戻ってゲームに興じましょう。。盤を見つめている間は世の憂さを忘れ、秋の夜長を楽しく過ごせるというもの!
[PR]
by igoshu | 2006-09-24 20:34 | 席主:東京女子大囲碁部OG


席主の独り言

 今月より「5級を目指す」会を第4月曜日に立ち上げました。13時より随時、集まって一組につき一局の碁を手直しして勉強する会の発足です。第1回目は来週の月曜日。9月25日です。9月は一人なので皆さんの対局を回って気付いたところから手直ししていくか1局づつ張り付いて100手くらいまで見ながら手直しするか考え中です。来月からは五段の有志の方のご賛同とご協力の元、二人で方法を相談しながらより良い方法を模索してみるつもりです。会の参加者は今のところ、生徒さんや会員の方が主になっていますが、どなたでも席料で参加できます。指導碁の生徒さんが対局されているときに基本の手筋の形を見逃されているのに気付いたことからこの企画を思いつきました。打ったその場で注意する方が身につきやすいことと指導碁に互先の碁の指導が加われば棋力アップの近道ではないかとと気付いたからです。5級以上になれば一生の趣味として続いていかれることと思います。たかが1回。されど1回です。実戦の機会を増やして効率的な勉強を積み上げましょう!!!手直しした対局は無勝負。随時、質問もお受けすることに致します。
 来月からは「1級を目指す」会も月1回行う予定で今、曜日を決めるべくアンケートをとっています。特に女性の参加が多いのでこのサロンに女性の初段を増やすべく指導の仕方を勉強してみるつもりです。「三人よれば文殊の知恵」といいます。今は、指導の助っ人はお一人ですが、指導者の輪が広がっていくと人間関係も広がって楽しくなりそうです。
 わくわくすることや新しい企画の好きな席亭なので生徒さんたちの成長がやりがいかも。頑張るときの目標設定は大事ですね。高すぎず、低すぎず。前向きに1歩づつ。子育てみたいですが(笑)。
[PR]
by igoshu | 2006-09-19 21:09 | 席主:東京女子大囲碁部OG


席主の独り言

 今日は良いお知らせが舞い込みました。新しく入った指導碁の先生がプロ試験(平成19年度冬季棋士採用試験)の合同予選を勝ち進んでいます。合同予選とは、院生10名(7、8月の研修成績で総合11位~20位)と書類審査を合格した外来24名でグループ別リーグ戦を行います。各グループのリーグ戦で1位になれば本戦へ。2位だと、もう1局打って勝った2名が加わり成績上位6名が本戦に進めます。9月2日から24日まで毎週土、日曜に2局づつ打っています。本戦では院生10名(7、8月の研修成績で総合1位~10位)と合同予選を通過した6名が二つの入段枠を争います。この合同予選で1位か2位かは残す対局の結果次第。2位だと本戦前に本戦に上がるための決勝があるので道のりは遠いですが、希望はあります。先週、途中経過を伺ったら学生で活躍している人や元院生で中野杯で活躍している人、女流アマの優勝者の名前があがっていました。結果を聞いてよいかどうか迷っていたのですが、とても明るい表情だったので思い切って伺ってみました。実力と運も。厳しい世界です。「せっかく良い先生が来てくれたのにプロになったら頼めないな。」と嘆いていると「来ます。来ます。プロになってもやりますよ。」と頼もしいお言葉。「では、今の指導碁料でよろしく!ここにいる皆が証人です。」とふざけて皆、笑顔に。囲碁を覚えて4年は驚異的です。
 それに比べると非常につつましやかですが、八石の会で2勝しました。検討では相変わらず悪手が連発ですが、勝つと心が晴れやかです。生徒さんやお客様のお気持ちがよくわかります。
 会から戻ってくると子供の生徒さん達から色々な質問を受けました。「囲碁のプロで他の職業も兼務している人はいますか?」(弁護士さんと兼務している先生がおられるのは有名な話です。)、「段はどうやって取ることができますか?」、「プロを目指す子供たちは週何回打っているのですか?」などなど。当教室の子供達は、今、ヒカルの碁を読み始めて夢中になっています。中にはお母様がはまっておられるケースも。帰りの時間を心配してお母様にメールで迎えに来ていただくよう話しても「大丈夫。」の一点張りでとうとう電話をいただいてしまいました。ゴメンナサイ!!!子供たちと夢中になって話し込んでおりました。身近にプロ試験を受けている方がいることが子供たちには刺激になったのでしょうね。ヒカルの碁の漫画が親子の話題になるなんて楽しいですね。この漫画の存在を教えてくれたのも我が家の長男坊でした。「お母さん、囲碁やっているなら知らないと。」と差し出してくれたのが少年ジャンプでした。その後のストーリー展開を予測したり難しい年頃に話題が尽きなかったのも有難かった思い出です。海外でも人気だそうです。不朽の名作ですね。
[PR]
by igoshu | 2006-09-11 21:18 | 席主:東京女子大囲碁部OG


席主の独り言

 秋です。残暑は残っていますが、習い事を始めるのにうってつけの季節となりました。会員の方のご紹介やホームページをご覧になった方が本日、2名入門クラスに加入されました。お一人は全く初めて。もうお一方は関西棋院のホームページで石の取り方を勉強されて来られたので、本日、眼の説明をして入門から7回目の生徒さんと9路盤で囲碁を楽しんで帰られました。途中、説明を加えながら終局まで打つことが出来ました。個人指導ですと、先生とばかり打つことになり共に励ましあう仲間がいないと向上心が湧き起らない場合もあるので、先に入られた方にはとても良い勉強仲間が増えました。夕方から小6の入門者も来られたので、この男の子とも対局していただきました。二人とも個人指導でやってきたので同じくらいの棋力の仲間と打って楽しんでおられました。これで入門者が12歳から70代まで5人となりましたので、3ヶ月くらいしたら皆さんで集まって勉強会を開こうと思っております。年代も性別も違う世代の方々が囲碁を通じてお仲間になるなんて素敵なことです。
 小6の生徒さんは、お父様の単身赴任先であるサンフランシスコに遊びに行ってきて休み時間に地図を広げて行った場所を説明してくれました。ドルを見せてくれたり、お土産のチョコレートを持ってきてくれたり、とても可愛いいお子さんです。今日はヒカルの碁を読むと5冊借りていったので、益々、囲碁が好きになっれくれると良いなと期待しています。小さな戦士、頑張れ!!!
[PR]
by igoshu | 2006-09-04 20:37 | 席主:東京女子大囲碁部OG

    

公開対局スケジュール
by igoshu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30